歴史あるお寺「鶴岡八幡宮」

鶴岡八幡宮とは

鶴岡八幡宮とは、「康平6年(1063年)」に源頼義が奥州を平定した頃から、歴史のある場所として親しまれています。

また、過去から現在にかけて、受け継がれているものがあることで知られています。
例えば、過去に行われていた「流鏑馬(やぶさめ)、相撲、舞楽」については、今でも多くの人が知られている文化の1つです。
他にも、鶴岡八幡宮で行われる神事、行事についても昔から受け継がれているものばかりなので、時代そのものを学べる場所としても有名です。

鶴岡八幡宮は「武家の精神のよりどころ」としても知られています。
というのも、国家鎮護の神としての信仰が存在し、鶴岡八幡宮より全国に広まっていったからです。
鶴岡八幡宮の信仰のような質実剛健の気風は、徐々に「武士道」といった日本人の精神性の基調にもなっていますので、日本人の気風を作り出した場所としても知られているのです。
鶴岡八幡宮は、今では国際的史都鎌倉の中心的施設としても評価されています。
そのため、鶴岡八幡宮に訪れる人というのは、国内の観光客だけでなく、海外からも多くの観光客が訪れるほどの盛況ぶりとなっています。

他にも、鶴岡八幡宮には鶴岡八幡宮だけの特徴があります。
例えば、造営は「代表的な江戸建築」として知られているのですが、御本殿、若宮とともに、今では「国の重要文化財」に指定されている建築物です。

鶴岡八幡宮は、自然そのものの中に建っているという特徴もありますので、四季折々で見方が変わるという特徴もあり、その度に多くの方が観光客として訪れるスポットとしても知られています。
さらに、鶴岡八幡宮には「静御前ゆかりの舞殿、段葛が存在する」ため、八百年の長い歴史を今に伝えている建築物という扱いを受けることもあるのです。

参拝の注意点

鶴岡八幡宮を参拝する際の注意点ですが、注意点が2つありますので先に知っておいたほうが良いです。

まず、「駐車場のスペースはかなり広く設けられている」ので、参拝までの移動距離は長くなりやすいと思っておいたほうが良いでしょう。
テレビなどでは、参拝の際に用いる階段、施設の案内をすることも多いのですが、これらの建築物についても人が多い際は混雑しやすいです。
なので、今では人気が高くなっているので、昔のように人混みを気にせず歩ける・・・という場所ではありません。

それと、鶴岡八幡宮の駐車場施設は「2時間まで無料」となっています。
もし、大型バスを用いて駐車を行う場合は、いきなり大型バスを駐車させるのではなく、予約を行なってから駐車を行うようにしましょう。
このような参拝の前のマナーについても、鶴岡八幡宮の公式サイトに書かれておりますので、良ければこちらも確認しておいてください。