鎌倉を代表するクレープ「コクリコクレープ」

鎌倉のコクリコクレープとは

鎌倉でクレープを食べるなら、「コクリコクレープ」がおすすめです。
クレープを片手に鎌倉を観光するのも楽しいでしょう。
コクリコクレープは小町通り店と御成通り店があり、小町通り店はJR横須賀線鎌倉駅の東口から小町通りへ、徒歩6分程度のところにあります。
御成通り店は鎌倉駅西口を出て左、御成通りへ徒歩2分の場所、という具合に、二店舗ともアクセスに便利な場所に位置しています。

コクリコクレープ店は、「行列ができるほどのお店」として人気を集めているのですが、実際に訪れてみると、毎日忙しそうに働いているスタッフを見かけることがあリます。
「鎌倉でクレープを食べるならココ!」と言われているほど、今までに何度も雑誌などを通じて紹介されてきたお店の1つでもあるのです。
そのため、行列が当然のようにできあがってしまうのですが、一度、コクリコクレープを食べたことのある人であれば、また食べたくなるような、病み付きになる要素を多く兼ね備えたクレープを販売しています。

鎌倉名物として愛されているのですが、近年では、地方以外でも人気が高まっている鎌倉のコクリコクレープのため、観光客の中にもコクリコクレープを求めて、わざわざお店まで足を運ぶ人が増えているのです。

その他の情報

コクリコクレープ御城通り店は他のクレープ店と比較して、「可愛らしく、ファンシーな雰囲気を大事にしている」という売りがあります。
クレープ店というと、全体的に色合いが派手であり、且つクレープを売っているためか、どのような味わいのクレープを売っているのか、その宣伝を壁紙などを通じて見せていることが多いです。
しかし、鎌倉のコクリコクレープ店(御城通り店)は、「緑の軒に白壁の可愛らしいデザイン」となっているので、シンプルでありつつ、乙女心をキャッチする様相となっているのです。

お店の雰囲気としても、ファンシーな雰囲気だけでなく洒落ていて、且つ落ち着いている作りになっていますので、初めて利用する・・・という方でも安心して利用できるでしょう。
また、鎌倉のコクリコクレープは「お財布にも優しい」という特徴がありますので、それほど高い価格設定でクレープを販売しているわけではありません。
なので、若い女性であっても気軽に利用できるお店として、10年以上前から続くクレープの人気を勝ち得ているのです。

ちなみに、クレープの味には「レモンシュガー、シナモンチョコ、ペパーミント」といった、味わいが存在します。
長年愛されてきた味わいの1つなので、鎌倉のコクリコクレープを食してみようかな・・・と思われた際は、このような代表的な味わいの中から、お好きなものを選んでみると良いでしょう。
鎌倉のコクリコクレープ店は、「年中無休、10時30分~18時30分まで営業」となっているので、日中であればお気軽に利用できるでしょう。