ジェラート食べるなら「ジェラテリア イル・ブリガンテ」

他とは違うこだわりのジェラート

鎌倉から小町通りを通って徒歩3分くらいのところにあるジェラテリアイル・ブリガンテのジェラートは、以下のような「こだわりのあるジェラート」として人気があります。

まず、原材料は試作を重ねたもののみを使用しています。
すでに存在するジェラートだけでなく、新しい味を生み出す努力を弛まず行なっているというわけです。
そのため、「納得のいくもの」のみ使用したジェラートが完成するのです。

例えば、「Lavazzaのコーヒー豆」のように、イタリア人から最も好まれている豆を使用していたり、もしくは、「ヴァローナチョコレート」のように、世界中のパティシエ(洋菓子職人)が絶賛するチョコレートを使用しています。
他にも、「ブロンテ産ピスタチオ」といった、希少価値の高いピスタチオを使用していたり、「タヒチ産ヴァニラビーンズ」といった、世界一の品質で知られるヴァニラビーンズを使用しているのです。

また、ジェラテリアイル・ブリガンテのジェラートは、「安全第一」でこのようなジェラートの開発を行なっています。
作り手の舌を納得させる味わいを探求し、そして、安心して食べてもらえるものも同時に追求しているのです。
そのため、ジェラートの開発の中では、「フレーバーにもこだわりを見せる」ようになりました。
例えば、ジェラテリアイル・ブリガンテのジェラートでは、「フレーバーの配合を細かく変える」という形で、フレーバーにも強いこだわりを持っているのです。

レシピにもこだわりがあり、ジェラテリアイル・ブリガンテのジェラートでは、「既成のペースト、ジェラートミックス類は使用しない」という考えで、ジェラート開発を行なっているというこだわりさえも存在します。
ナッツ系フレーバーにも同じことが言えるのですが、ナッツ系に関しても「糖分、生クリームの配合を変える」という対応で、バランスの取れた味わいを追求するというこだわりを持っているのです。

ジェラテリアイル・ブリガンテのジェラートでは、季節によっても味わいを変化させています。
なので、季節に合った上質のジェラートが食べられるとして、今でも高い人気を誇っているお店なのです。

いなご豆を使用

ジェラテリアイル・ブリガンテのジェラートでは、豆は「いなご豆」というこだわりがあります。

いなご豆は、「ジェラートの滑らかさを保つ際に欠かせない食材」として知られていますが、いなご豆は「地中海沿岸で育成されているマメ科の植物」としても有名です。
いなご豆の長所は、なんといっても「滑らかさ、味わいの統一感」にあります。

また、いなご豆のみ使用しているジェラートは、「長時間の保存が難しい」とされているので、美味しい状態でいただいてもらう必要もあり、料理人の腕を見せることができる豆としても人気が高いのです。
いなご豆であれば「素材の旨味、食感が損なわれにくい」ので、上質なジェラートを作る際に欠かせない食材として、重宝されているマメ科の植物でもあります。