鎌倉で「ビーフシチュー」が食べたい時におすすめのお店

HG083_72A

美味しい名店が増えています

美味しい食事を楽しめるお店が多い鎌倉ですが、何となく古都というイメージが定着していることから和食を提供する店が多いのではないかと考えている方も多いようです。
鎌倉にも美味しい洋食を提供するお店が多い中で注目されているメニューがビーフシチューです。
今回は鎌倉でビーフシチューが食べたい時におすすめのお店をご紹介します。

Brasserie雪乃下

鎌倉駅から徒歩6分ほどの距離にありますが、少しだけ路地に入るので場所がわかりにくいかもしれません。
小町通りから細い路地を入るとお店がありますので初めて来店する方は地図を確認しながら行くと良いでしょう。
まさに隠れ家的なお店ですが、美味しいフレンチを提供するお店として知られています。

雪ノ下特製ビーフシチューは、柔らかく煮込んだ牛バラ肉と赤ワインのコクを楽しむことができる絶品として人気があります。
ランチセットでは自家製パンまたはライス、自家製ピクルス、ミニサラダ、日替わりスープと合わせて濃厚なビーフシチューを堪能できるので人気があります。
また、ランチコースでもメインディッシュとしてビーフシチューを選択することもできます。

去耒庵

北鎌倉駅から徒歩10分の場所に立地している、落ち着いた雰囲気の店構えです。
昭和初期に建てられた民家を改装して作られたお店で、外観は料亭や和食を提供しているお店と感じられますが、ビーフシチューが美味しいと評判の良い鎌倉でも有名な洋食屋さんです。

お店の看板メニューとして親しまれている特製ビーフシチューに使用されているデミグラスソースは、創業当時からシェフがじっくりと時間をかけて煮込んで作ったものでまろやかなのにコクがある美味しさを楽しめます。
大ぶりに感じるお肉を口に入れるとホロホロととろけるようです。
店内からキレイな庭の光景を楽しみながら食事ができるので風情があると人気があり、営業時間がランチタイムのみなので混雑することが予想されます。

コアンドル

鎌倉駅から徒歩5分ほどの距離にあるフレンチレストランで、看板メニューでもあるビーフシチューが人気のお店です。
営業を開始したのは1969年で鎌倉初となるフレンチレストランを開業したお店と言われています。
当時はホテルオークラの料理長によりスタッフが派遣されて作っていたそうで、その頃のレシピは今でもしっかり受け継がれているそうです。

特製ビーフシチューは単品でも注文できますが、ビーフシチューコースでもオーダーできます。
鎌倉野菜をふんだんに使ったサラダやガーリックトーストなどのメニューが順に提供されますが、熱々の状態で出されるビーフシチューはホッとする美味しさだと高く評価されています。
初めて食べるのに何だか懐かしい気がするのは、創業当時のレシピが今でもしっかり守られているからなのでしょう。